バロック声楽

バロック声楽バロック声楽

(上の画像は、管理人が通っているヴェネツィア音楽院の3階の部屋にある天井画です)

バロック時代の声楽曲について、またテクニックなどについて書いています。

バロック声楽

古楽の発声はやはり”普通の”声楽と違うのか?

イタリアの劇場で歌っている歌手のレッスンを受けたら、音楽院古楽科の先生とはかなり異なる発声テクニックで興味深かったので、オペラ的な発声とバロック声楽の発声を比較し、違いが生じる理由を考察してみました。
バロック声楽

3人の作曲家による《セルセ》から紐解くバロックオペラの歴史

バロック時代中期から後期(1600年代半ばから1700年代前半)にかけてのバロックオペラについて、3人の作曲家カヴァッリ(1654年)、ボノンチーニ(1694年)、ヘンデル(1738年)による《セルセ》を中心にまとめました。
2019.09.23
バロック声楽

音楽院の「バロック声楽」コース2年目の授業計画書と試験プログラム

ヴェネツィア音楽院のバロック声楽レッスンについて、音楽院WEBサイトに載っている授業計画書や試験プログラムを翻訳しています。実際に受けた授業や試験の所感についても書きました。
バロック声楽

オンブラマイフだけじゃない!セルセには魅力的なアリアがたくさん!

ヘンデルのオペラ《セルセ》は、オンブラマイフ(Ombra mai fu)が飛びぬけて有名ですが、ほかにも魅力的なアリアがたくさんあります。この記事ではそうしたアリアを紹介し、歌詞、対訳、どんなシーンで歌われるのかなどを説明しています。
2019.07.08
バロック声楽

ヘンデルのオペラ《セルセ》とOmbra mai fu(オンブラマイフ)

実はラルゴではなくラルゲットだったアリオーゾ「オンブラマイフ」の歌詞や対訳、この曲が歌われるオペラ《セルセ》の登場人物やあらすじ、作曲家ヘンデルについて書いています。
2019.07.07
バロック声楽

バロックオペラ歌手になるには古楽科or声楽科どちらで学ぶべき?

オペラ歌手になりたい学生の中でも、特にバロックオペラに出演する歌い手を目指したい場合は、古楽科に入学してバロック声楽を専攻すべきか、それとも普通の声楽科で学ぶべきなのでしょうか?
2019.06.09
バロック声楽

バロック声楽レッスン1年次の授業計画書と試験プログラム

イタリアの国立音楽院レベル1(学士過程)の授業について書いています。「バロック声楽」レッスンについて音楽院WEBサイトに載っている授業計画書と実際の授業内容、また掲載されている試験プログラムと実際に管理人が用意したレパートリーについてです。
2019.06.09