音楽院の授業

古楽科の必修科目「文献調査の手法」の授業内容や課題について

イタリアの音楽院の授業内容について、科目ごとに詳しくお伝えするコーナーです。 今回は、古楽科の必修科目「文献調査の手法」について書きます。
2019.06.14
音楽院の授業

音楽院の3年次必修科目「舞台表現演習」の試験について

ヴェネツィア音楽院の3年次必修科目、オペラの演技について学ぶ科目「舞台表現演習」授業と試験内容について書いています。
2019.06.21
娯楽

海より深い!?「海獣の子供」原作の感想と考察(ネタバレ含)

海獣の子供」の原作漫画について、無料で試し読みできるサイトやアプリの紹介と、管理人の個人的な感想・考察を書きました。
2019.06.14
チェンバロ

チェンバロのここが好き!(楽しい点だけでなく苦労話も←小声)

同じ鍵盤楽器だけど楽しさも難しさも異なるチェンバロとピアノ。11年間習っていたピアノを再開することなく声楽に移った管理人が、その後チェンバロ科に通い始めた理由はチェンバロの魅力に目覚めたから。チェンバロ演奏の醍醐味と困難に迫ります。
2019.06.09
ベネチアの日々

ヴェネツィア・ビエンナーレは音楽院も会場! 日程や行き方をご紹介

「ヴェネツィア・ビエンナーレ2019」の日程だけでなく、開催場所やメイン会場への行き方について詳しく書いています。また、2019年ヴェネツィア音楽院の展示写真を交えながら、ビエンナーレの様子を紹介しています。
2019.10.23
チェンバロ

音楽院のチェンバロ試験と発表会で学んだ3つのこと

イタリアの音楽院でチェンバロの試験と発表会がありました。(1)イタリアの試験ではアピールしたい曲から弾くこと(2)声楽とは意識の使い方が異なる(3)チェンバロの本番の前にピアノにふれてはいけない、など学んだことをまとめています。
2019.06.09
チェンバロ

チェンバロ科(preaccademico)1年目の期末試験プログラム

管理人がプレアッカデミコ・コースのチェンバロ科期末試験で弾くプログラムを公開します!
2019.06.09
チェンバロ

モーツァルトのオペラに合唱で参加してチェンバロの重要性を再確認した話

先日、フェッラーラ市民劇場でモーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』に合唱で参加しました。 舞台で歌っているときチェンバロの音に助けられたので、チェンバロ好きとしては嬉しく、記事にすることにしました!
2019.06.09
バロック声楽

バロックオペラ歌手になるには古楽科or声楽科どちらで学ぶべき?

オペラ歌手になりたい学生の中でも、特にバロックオペラに出演する歌い手を目指したい場合は、古楽科に入学してバロック声楽を専攻すべきか、それとも普通の声楽科で学ぶべきなのでしょうか?
2019.06.09
歌うこと

オペラ歌手やオペラの合唱の仕事はここが大変!

合唱でさえオペラに出演するというのは、本当にオペラが好きで「オペラに関わりたい、劇場にいるだけで幸せになれる」という人か、将来オペラ歌手(ソリスト)になりたいから、そのために現場を学びたいという強い意欲がない限り、大変な仕事だと思います。観ているだけでは分かりにくい舞台の裏側について書いています。
2019.06.14