簡単なイタリア語勉強法 >>

イタリア語独学文法編!初心者におすすめの本、まずはこれを使おう。

イタリア語独学文法編、おすすめの本は?長期留学
この記事は約10分で読めます。

前回の記事では、イタリア語を独学したい方に向けて単語を覚えるのに最適な本を紹介しました。
CHECK! イタリア語単語の独学におすすめの本『これなら覚えられる!イタリア語単語帳』

単語だけ覚えてもしゃべれないよ。文法はどうやって勉強したの?
イタリア語文法は英語より複雑だって聞いたけど独学でできるかな…

筆者は文法も独学しました。イタリアに留学してから「日本でイタリア語教室に通えばよかった」と思ったことは一度もないので、独学で充分に学べると思います。

この記事を読むと…
  • イタリア語をはじめて勉強する初心者御用達の本が分かる
  • 独学で効率よくイタリア語を身につける方法が分かる
  • 脱初心者後におすすめな使いやすいイタリア語文法書が分かる

では行ってみよーっ おっとその前に……Twitterでもイタリア留学生活についてつぶやいているのでチェックしてね  @_velvettino

イタリア語文法を独学するなら『イタリア語の最初歩』

新しい言語を学ぶ楽しさがつまった1冊。

CD付辞書なしで学べる 入門 イタリア語の最初歩[改訂版]』すごいタイトルですね~。なんせ、

  • 辞書なし
  • 入門
  • 最初歩

と3拍子そろっているんですから。タイトルどおり最初の1冊に最適です。
説明がていねいで、まるでイタリア語学校に通っているかのように一歩ずつ、順序立てて学べます。

なぜイタリア語初心者の独学におすすめなのか

  • 本当に辞書を買う前でも学べる作りになっている
  • 付属CDには例文だけでなく、単語などほぼすべての発音が収録されている
  • CD付きなのに、たくさんカタカナが振ってありイタリア語の発音に不慣れな初心者でも進めやすい
  • 動詞の活用など覚え方のコツを教えてくれるので、ただの丸暗記より効果的
「最初歩」と言いながら文法事項は、関係代名詞・ジェルンディオ・接続法など中級者向けのものまで含まれているので、長く使えます。
ただし練習問題はついていないので、検定試験向けには過去問を解いたり検定試験対策本で勉強する必要があります。

イタリア語だけでなくほかの言語もそろっている

『辞書なしで学べる、入門・最初歩』シリーズ、イタリア語だけでなくフランス語、ドイツ語などほかの言語版も出ています
声楽を学んでいるとバッハのカンタータなどで必須となるドイツ語も、もちろん初歩からしっかり学べます。

イタリア語辞書を買うタイミング

「辞書なしで学べる」って本当? イタリア語辞書はいつ買ったらいい?

CD付辞書なしで学べる 入門 イタリア語の最初歩[改訂版]』は本当に辞書がなくても勉強できます。
すべての新出単語について、欄外にこまかく説明が載っています。
すでに辞書をひいて、必要事項を書き写してくれた優秀なノートがついているようなものです。

筆者自身は、この本より先にイタリア語辞書を購入していましたが、辞書を使わず勉強できるので、電車の中で立ったまま学習できて便利でした。

辞書を買うのは、イタリア語検定試験の勉強をはじめるときでいいと思うよ。過去問や問題集を解くと辞書が欲しくなるから。

辞書を買うまでは、必要に応じてWeb上のイタリア語辞書サイトを利用しましょう。

Google 翻訳より使えるオンライン・イタリア語辞書

無料で使えるオンラインのイタリア語辞書を紹介します。

>>Glosbe イタリア語-日本語オンライン辞書

伊和辞典、和伊辞典の両方が使えます。
1つの単語に対して複数の答えを返してくれるので、Google 翻訳より普通の辞書に近い感覚で使えます。
またWeb上から例文も探して表示してくれます。

>>bab.la イタリア語活用

イタリア語の動詞の活用一覧を示してくれるサイト。
とても便利なので、辞書を持っている筆者もよく使っています。
日常生活で使わない遠過去形とか、まず頭に入っていませんからね……(汗)

>>WordReference.com

英語からイタリア語を引きたいときに
イタリア語を勉強していると、「英語のあの言い回し、イタリア語では何と言うのかな?」と思うことがよくあります。

イタリア語文法を独学で学ぶ効率的な方法

筆者の勉強法の中で、うまくいったコツだけを紹介します。

  • 最初は1冊の本に集中すること
  • 自分でまとめノートを作って暗記しよう

最初は1冊の本に集中すること

Amazonなどでイタリア語の文法書を探そうと思うと、英語ほどではないにせよ結構いろいろな本があります。
2~3冊買って試すとしても、集中して勉強するのは1冊にしぼりましょう

それぞれの文法書で少しずつ、説明する文法事項の順番が異なります。
いくつも手を出していると、いつも最初の4分の1だけで終わってしまう事態になりかねません。するといつまで経ってもessereと近過去、半過去しか学べず、条件法や接続法など中級に進めません。

まずは1冊決めて、最初から最後までしっかりマスターしよう。
初歩の本には大きな差がないから、やる気の出るレイアウトのもの、読みやすいと感じたものを選べばOKだよ。

1冊の本を少しずつ進めていく楽しさが醍醐味だいごみです。

自分でまとめノートを作って暗記しよう

「単語は暗記だけど、文法は暗記じゃない」なんてことはありません。
語学学習は結構いつでも暗記が大切です。

暗記の味方は、赤いシートとシートで消えるピンクのペン!!
文法本を読んで暗記すべきだと思ったところをピンクのペンで書いて、赤いシートで隠して繰り返し覚えよう

筆者の独学ノート。イタリア語文法書をまとめたもの。

筆者の独学ノート。『入門 イタリア語の最初歩』のまとめ

イタリアの学生は赤いシートで勉強しないのか? 引っ越しを手伝ってくれた友人が、赤いシートで消えるペンを大発見のようにおもしろがっていました。

脱初心者!独学を続けるなら『イタリア語文法ハンドブック』

ここからは中級者向けの内容。
1冊目の本を終え、イタリア語辞書も買い、イタリア語検定試験やCILS(チルス)などを受けていると、もっと詳しい文法書が欲しくなります。

そこでおすすめなのが『イタリア語文法ハンドブック』。

『イタリア語文法ハンドブック』の目次の一部

『イタリア語文法ハンドブック』の目次の一部

頭の中でもやっとしていた知識の点と線がつながった感覚が得られる文法書。

『イタリア語文法ハンドブック』を選んだ理由

中級者段階になると、イタリア語文法の本はぐっと数が減ります。
初心者向けの本、旅行者のためのイタリア語、みたいなレベルはたくさんあるのに、中級者向けとなると英語や中国語との学習者数の違いを見せつけられる感じ。

その中で『イタリア語文法ハンドブック』は、疑問に思った文法事項を分かりやすく解説してくれます。ネットで調べてもいまいち、辞書の例文だけでは物足りないときに頼りになる1冊

英語に比べ語順の規則がゆるやかで、習慣的な用法が多いイタリア語
実生活で耳にするけど使えなかった言い回しを文法的にかみくだき、豊富な例文付きで解説してくれます。
CDは付属しておらず飽くまで文法書です。
レイアウトもいかにも教科書! がっつり勉強したい人向けです。

無料でイタリア語文法を確認できるWebサイト

イタリア語の文法に興味はあるんだけど、本気モードの文法書を買わなくても、オンラインで無料で見られる文法説明サイトがあったらラッキーなんだけどな……

実はあるんです。なぜか愛知県共済が素晴らしいイタリア語解説ページを設けています。

>>インターネット公開文化講座 イタリア語 | 愛知県共済

紙の文法書のように詳しく解説されています。
出先でメールを書くのに文法事項を確認したいときなど、筆者も時折りアクセスしています。
CD付辞書なしで学べる 入門 イタリア語の最初歩[改訂版]』で基礎をマスターした人なら、楽しく読めるサイトだと思います。

持ち運びに便利な『インデックス式イタリア文法表』

もう1冊、便利な本を紹介します。
イタリア語で文章を書いているとき、ちょっと不安になって確認したい文法事項や動詞の規則変化をさくっと調べられる本です。暗記の補助にお役立ち!

本中央の目次から、知りたい文法表をサッとひらける

インデックス式イタリア文法表』はとてもユニークなつくり。
本の真ん中に目次ページがあります。

インデックス式イタリア文法表の目次

インデックス式イタリア文法表の目次

(  中古で購入したので誰かの書き込みがあるのですが、真ん中の目次ページの写真です)

真ん中の目次からサッと知りたいページをひらけるので、ネットで検索するよりスピーディー
すでに理解した文法事項を確認するための本なので、例文は最低限しか載っていません。
持ち運びを考慮して本自体も薄いです。

誰かのイタリア語まとめノートみたいな内容

最低限の内容がギュっとまとまっているので、知ってるんだけど確認したいときに使えます。
筆者がよく見ているページは、接続法、条件法が入り乱れる時制の項目。
何度も確認しているのに、いつも頭がごちゃごちゃする……

『インデックス式イタリア文法表』の接続法のページ

『インデックス式イタリア文法表』の接続法のページ

インデックス式文法表、実はラテン語版もある

『インデックス式ラテン文法表』

『インデックス式ラテン文法表』紙のカバー(左)をはずすとレトロな手帳のような手触りのかっこいい表紙(右)があらわれる

インデックス式文法表シリーズはイタリア語だけでなく各国言語版が出ています
実はラテン語版もあって、宗教音楽を歌うときに便利です。
そもそも筆者がこのシリーズを知ったのが、ラテン語レッスンでこの本がテキストとして使われたからでした。

『インデックス式ラテン文法表』有田潤 著 / 白水社

イタリア語独学文法編のまとめ

というわけで今回の記事では、レベルや用途に応じて3冊イタリア語文法の本を紹介しました。
日本語とも英語とも異なるイタリア語の仕組みを知って行くのはワクワクします。ちょっとした知的冒険。

はじめの1冊に『~辞書なしで学べる~ 入門イタリア語の最初歩』

中級者にレベルアップ『イタリア語文法ハンドブック』

持っていると便利な『インデックス式イタリア文法表』

筆者の買ったイタリア語の本はほかにもありますが、よく使っている(よく使った)のはこの3冊。イタリア語勉強の参考にしていただけたら嬉しいです!

参考までに……
イタリア文化会館のイタリア語コースは、週1回90分×10回コースが34,000円(2020年春学期)。ワンレッスンの受講料が3,400円です。

独学のモチベーションを保てるか心配だったからイタリア語教室に通うことも考えたけど、たった1回のレッスン料で本が買えるんだにゃ……
やる気が続いたのは留学という期限…目標のおかげ!?

1冊でかなり難しいイタリア語文法まで勉強できることを考えると、本の価値ってすごいなあと思います。

コメントを残す