オーストリア航空搭乗記 ~ウィーン乗り継ぎでヴェネツィアまで~

「オーストリア航空搭乗記」画像ベネチアの日々
この記事は約7分で読めます。

2019年9月に成田空港からヴェネツィアのマルコ・ポーロ空港までオーストリア航空を使った搭乗記です。
ヴェネツィアに行くには途中ウィーン国際空港で乗り換えが必要です。

写真は機内から撮影した日本上空(青森から北海道にかけて)です。
日本上空はとてもよく晴れていたので、機内からずっと日本の大地が見えていてとてもきれいでした。
湖に雲が映っている様子に感動したので、思わず写真を撮りました。

スポンサーリンク

出発前の準備編

オーストリア航空のエコノミークラスは座席指定できるの?

結論から言うと、日本⇔ヨーロッパ間の便ではWebチェックインのときに無料で座席指定することができます
Webチェックインは出発の47時間前から可能です。

それより前から座席指定をしたい場合は手数料がかかります。
エコノミークラスは35ユーロ、プレミアム・エコノミークラスは55ユーロです。

一方ヨーロッパ内の路線では、エコノミークラス、エコノミーフレックスのチケットを購入した場合は、事前にaustrian.comサイト内の「予約の管理」画面から座席指定できます。
ただしエコノミー・ライトの場合は12ユーロの手数料がかかります。

オーストリア航空の手荷物の数とサイズ

今回は成田空港からウィーンへ向かう長距離路線のエコノミークラスのチケットを買いました。

機内持ち込み手荷物

エコノミーとプレミアムエコノミーは1つ。
重さは8kg以内、サイズは最大55 x 40 x 23cmです。

(ビジネスクラスは同重量、同サイズの範囲内で2つまで持ち込めます)

預け入れ手荷物

預け入れ手荷物の数量と重量は、予約クラスや運賃オプションによって異なります。

日本からヨーロッパへ飛ぶ「大陸間路線」の場合、預け入れ手荷物が2つに増量されている場合がありますので、航空券もしくは予約確認書を確認してみましょう!

今回管理人のチケットは、23kg以内、縦+横+幅=158cm以内の手荷物2つまで預け入れ可能でした。

オーストリア航空のWebチェックイン

オーストリア航空のWebチェックインは47時間前から可能です。

48時間以上前にログインしようとすると「フライトが見つかりません」とエラーメッセージが表示されます。

Eチケット番号または予約コードを用意しておきましょう。
予約コードは「RESERVATION CODE」です。
RESERVATION NUMBER」とは異なります。
管理人はスカイスキャナーを通してH.I.S. オンライン予約センターから航空券を購入したのですが、RESERVATION CODERESERVATION NUMBERも日本語では「予約番号」と書かれていました。
最初、RESERVATION NUMBERのほうを入力してしまい、該当のフライトがみつからないとエラーメッセージが出て焦りました!

管理人の環境からアクセスしたところ、最初はドイツ語ページが表示されました。
ページ右上のプルダウンメニューから「日本語」を選択できます

オーストリア航空は成田空港の第一ターミナルを利用

オーストリア航空のチェックインカウンターは、第一ターミナル、南ウイングの4階「Iカウンター」です。

成田空港第一ターミナルへのアクセスは、JRか京成線の「成田空港」駅です。
管理人はたいてい、”京成成田スカイアクセス線 アクセス特急”に乗っています。
特急と名がつくけど、特急券料金はかかりません。

スポンサーリンク

オーストリア航空搭乗記エコノミークラス搭乗記編

機内の様子

座席の幅はこんな感じ

オーストリア航空の機内の写真

オーストリア航空のエコノミークラスはこんな感じです。
ANAと比べるとちょっぴり古めで清掃も行き届いてない感じですが(テーブルにパンくずが残っていたりする)、特に問題を感じるほどではありません。

アメニティは?

エコノミークラスのアメニティはクッション、毛布、イヤホン。
スリッパやアイマスクは付きません。

オーストリア航空エコノミーのアメニティ写真

機内のエンターテインメントは?

エンターテインメントは映画や音楽が楽しめます。
邦画も含まれていましたし、日本語字幕を表示できる作品もある程度ありました。
あまり選り好みしないのであれば、退屈せずに過ごせそうです。

スマホを充電できる?

各座席には充電用のUSBポートが1つだけ付いています。
スマホやタブレットの充電に使いました。

スポンサーリンク

オーストリア航空の機内は寒い?

事前にネット情報で寒いと読んでいたので用心して厚手のカーディガンを持って行きました。

対策が功を奏して管理人は寒くなかったです。
が、シートベルトサインが消えた途端に座席の上にしまった鞄から上着を取り出す人、毛布を肩からすっぽりかぶっている人など結構いましたので、寒い方であることは確かなようです。

エミレーツやカタール航空など中東系の航空会社は涼しいことが多いように感じますが、それぐらいの温度という体感でした。

オーストリア航空の機内食

正直言ってやや残念でした!
あまりおいしくない上、品数が少なく量も少ない
でもスナックを2回配ってくれるので、腹が減って困るってほどではありませんでした…

1回目の食事

最初の食事のメインは、
「ポークかジャパニーズ・チキン」
を選ぶものでしたが、私の席は後ろの方だったため、ジャパニーズ・チキンは終わっていました。
ジャパニーズ・チキンって焼き鳥だったんでしょうかね……?

問答無用でポークになりました。
デミグラスソース風の塩味の強い茶色い液体の中にパサパサの豚肉と、細切りになった玉ねぎ、なんだか分からない黄色い野菜が浸かっていました。

腹いせに頼んだ赤ワインは機内で飲むものとしては悪くなかったです。
軽い飲み口で飲みやすいものでした。

メイン以外は、

  • ラスクのようにスカスカの噛みごたえのパン
  • めんつゆをかけて食べる冷やし蕎麦
  • ヘーゼルナッツチョコのウエハース
  • バター、蕎麦にかけるきざみ海苔とわさび

バターと海苔はおいしかったです

蕎麦がモンブランに見えたので、最初に食べようとしたら蕎麦でショックを受けました!
蕎麦はあまり好きではないので、ANAのように品数の多い航空会社で出たときは手を付けないのですが、今回は量が足りないのでいただきました。

蕎麦、海苔、わさび、めんつゆなどは日本で積んだものでしょうから特に問題はありません。

パンはヴェネツィアのスーパーで半額のを買ってきて3日後…みたいな食感。

もしくはグリルであたためたけど食べなくて、またグリルへ…を2回ぐらい繰り返したような…。
袋には入っていないので、あたためなおしも可能に見えますが、真実は分かりません。

到着前の軽食

オーストリア航空機内食の写真

到着前の食事も、品数・量ともに少なかったですが、トマトソースとチーズのソースがかかったマカロニだったので、自分の味覚にあっていて、これはおいしくいただけました。

上の写真の上側に移っているのが軽食のメインディッシュです。
白く二つ大きく見えるものは、鶏むね肉です。

スポンサーリンク

90分間でウィーン空港の乗り継ぎは簡単でした!

ウィーン空港の写真

本来、乗り継ぎは1時間45分あるはずだったのですが、成田空港が混んでいて滑走路が長蛇の列だったため15分遅れ、1時間半になってしまいました。

入国審査がまた長蛇の列で大丈夫かなと思いましたが、コンパクトで分かりやすい空港なので、むしろ余裕があったぐらいでした。

音楽の都ウィーンの玄関口といったときめきが感じられるような空港ではありませんが、乗り継ぎの指示など分かりやすく実用的でした。

ウィーン→ヴェネツィア間は乗ったらすぐ!

飲み物とお菓子(長距離線でも出たウエハース)を出してくれました。

でもウィーン-ヴェネツィア間は電車でも行ける距離で本当に近いので、空の上で安定している時間がわずかです。
上がったと思ったら降りるので、トイレは乗る前に済ましておくほうが良さそうです。

まとめ

というわけで無事ヴェネツィアまで帰って来ました。

オーストリア航空、また利用したいかというと、今回のように安くなっていれば利用します!

オーストリア航空でヴェネツィアに行く利点

  • ウィーン空港での乗り継ぎがラク。機内持ち込み手荷物が重い場合、あまり長い距離は移動したくないものなので、空港がコンパクトで分かりやすいのは利点。
  • ウィーンからヴェネツィアが1時間。中東系は言うに及ばず、パリやロンドンで乗り継ぐよりもっと近いので楽ちんです。

オーストリア航空の残念なところ

  • 機内食!

これに尽きます。

機内やウィーン空港が古びていても気にならないけど、料理はANAや中東系に近づいてくれると嬉しいです!

コメント